So-net無料ブログ作成
検索選択

酸性温泉

温泉と浴衣のいい関係 [温泉その他]

DSC_5283a2.jpg


温泉宿の部屋に着き、荷物をおろして最初にすること。
それは、浴衣に着替えることです。
ゆったりと作られた浴衣はとても楽です。なにより、温泉に入るときとても便利なんです。

ふだん浴衣を着る機会なんて、温泉地と花火大会ぐらい。
だから、特別なファッション。と言った具合に楽しんでいます。
浴衣を着て街を歩くと、ちょっと気分が変わります。
そんな小さな特別感が好き。

DSC02817a4.jpg


浴衣の良さは、便利さにあります。
温泉に通うようになって知ったのは、浴衣は着るのがとても楽で、反面、洋服を着るという動作がいかに面倒かっていうことです。
浴衣は帯を緩めて襟をぱっと開くだけで脱げる。
着たり脱いだりが煩雑な洋服にくらべると数倍楽です。

そのうえ湯上りは、通気性のよさから汗が引きやすいし、サラリとしていて気持ちいい。
多少汗が残っていても浴衣だからいいや、って思える気安さがあります。
つくづく日本の気候に合った着物だなと感心します。

柄にも注目。
近ごろはカラフルな浴衣を数種類用意して、その中から選べる宿もあるけれど、個人的には宿の名前や柄のはいったオーソドックスなものが好き。

DSCN4212.jpg


浴衣で町に繰り出すと、見る人から見れば「あの人、〇〇屋さんに泊まっているんだね」とわかります。
浴衣は昔、宿の宣伝アイテムのひとつだったわけですね。
宿の歴史や誇りを着る。
気持ちが引き締まる思いです。

そのいっぽう、木綿のペラペラな浴衣に、つい苦笑いを浮かべたくなることもあります。たとえば、酸ヶ湯温泉の湯治棟の浴衣がまさにそれ。
何度も洗われガラもすっかり色抜けしているけれど、いかにも昭和な温泉旅館でござい、といった楽チン気分も好きなんです。

DSC00046a4.jpg


もちろん浴衣だけでなく、その上に着る羽織も必須なアイテム。
浴衣だけだと、どこか寝巻っぽくもなってしまいます。
だから浴衣はプライベート、羽織を着たらフォーマル、っていう感じもするんです(個人的な意見ですけどね)。

DSC_6778.jpg

DSC_6780a.jpg


なにより羽織を着ると上質感が加わります
羽織のデザインも宿ごとにちがっていて、色や絵柄、宿名の刺繍など、さりげなく個性が出ています。

羽織のほかにも、綿の入った丹前(たんぜん)があります。
足首まで長さがある冬用の着物です。
丹前というのは西日本のいい方で、東日本では褞袍(どてら)と言いますが、最近は全国的に丹前という呼び方が主流になりつつあるようです。

とはいえ、浴衣に慣れていないと、合わせ目がずれたり椅子に座っているうちに太ももがあらわになったり、多少の馴れや着方のコツが必要です。
ネットで浴衣の着方が紹介されているので、調べておくといいでしょう。

冬にしばし見かけるのですが、寒い屋外に浴衣と丹前、足元はスニーカー、という若者がいます。
ちょっとカッコ悪いかな。
寒い日は、浴衣での外出を避けた方がいいかもしれません。
冬に限らず、浴衣に靴っていう人はしばし目にします。
せっかく浴衣を着ても、ファッション的にイマイチです。
浴衣には、雪駄か下駄がよく似合う。

宿によっては、サンダルやスリッパで外出するところもあるけれど、場合によってはダサいサンダルや便所スリッパ、みたいな宿もある。
よく泊まる某宿もサンダルがカッコ悪いので、そのときはビーサンを持参します。
本当は雪駄のほうがいいけれど、さすがにマイ雪駄を買うほどマニアじゃないので、軽くて黒いビーサンで妥協です。

注意しておきたのが、女性の場合。
女物の服は、襟を右前にして着ます。男は左前ですよね。
でも浴衣をふくめた和服は、男女とも左前です。
和服の襟元に入れた、例えばハンカチなどを「右手で取り出しやすい左前」と覚えておけば間違いはありません。

逆に和服を右前に着るのは厳禁です。
これは「逆さごと」といって、亡くなった人の着付けです。
と、以前泊まった、渋温泉にある宿の女将さんから教わりました。

そんな浴衣ですが、最近は作務衣を用意する宿が増えています。
浴衣好きからすると、これは残念な気がします。

以前、ニセコのヒルトンホテルに泊まったときのこと。
お風呂の帰りにエレベーターに乗ると、一緒になったスキー客の外国人女性にじぃっと見つめられました。
浴衣を。
彼女は途中の階で降りたのですが、エレベーターのドアが閉まる寸前、つぶやきが聞こえました。
クール!

浴衣って、いいネ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0