So-net無料ブログ作成

酸性温泉

怪奇現象がおこる風呂 [温泉その他]

smk00.jpg


事件に遭遇したのは、山形県の蔵王温泉に泊まった日の翌日。前日に続きこの日も川原湯共同浴場へ行きました。

ここは防犯のため扉がガラス張りになっている。お! 今日も誰もいない。湯船独占。ラッキー! 早速脱衣場から記念写真をパチリ。

ところが、あとで写真を見直すと、世にも不思議な現象が撮影されていたのです。

smk01.jpg


風呂場にはいって三枚並ぶ洗面器を手にとると、当然のことながら掛け湯をする。ちょっと熱めなので、掛け湯は12、3ばいぐらい。

smk02.jpg


そして、あの、きもちのいい湯船にスルリと身体を沈める。おお、今日もいい湯!

じんわりと湯の温かさが身体にしみてくると、ちょっと気持ちの余裕ができて、木造の湯小屋の中を見まわしました。「あれ?」と、不思議な光景が目に飛び込んできた。

「洗面器、浮いてね?」
よく見ると、浮いてる浮いてる。かわいらしい黄色い洗面器が、宙に浮かんでUFO!

smk03bb.jpg


洗面器のふちを木の壁の隙間に差し込んで、並べている。こんなことしたの一体誰? 昨日入ったときは、たしか床に置いてあったはず。

smk04a.jpg


よくよく見ると、これっていいやり方。宙に浮いているから水分が飛ぶし、乾きもいいはず。これを発見した人、風呂場の天才?

それにしても、最初掛け湯をしたとき浮いてることに気づかず、フツーに手に取り掛け湯した自分にびっくり。でも、ぱっと見わからないんだよ。

smk05.jpg


というわけで、これからいろいろな共同浴場で、これができるかどうか試してみようと心に固く誓いましたよ。

蔵王温泉、川原湯共同浴場で見た、怪奇現象でした。

※これは男湯です



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0