So-net無料ブログ作成
検索選択

酸性温泉

然別湖番外編 帯広満喫 [温泉地レポート 北海道]

DSC_1006a.jpg


然別湖へ行く場合、関東に住む人のプランをひとつ紹介する。
然別湖の氷上露天風呂、第三弾は、何度か足を運んで得た旅の楽しみ方を紹介する。

然別にもっとも近い空港は、とかち帯広空港。ただし、羽田からしか便がないので、他の空港を利用する人は、羽田で乗り継がなければならない。羽田からは早朝、昼、夕方、夜と、1日7便ほどある。

早朝7時台の便で羽田を発つと、帯広駅から11時発の然別湖行きのバスに間に合う。一泊で、たっぷり楽しめるスケジュールだが、朝(というより夜中に起きる)が辛い。

それ以降の便で飛ぶと、然別湖着が夕方の5時前になるので、せっかくの景色は翌朝までお預け。ちょっともったいない。

いつも使うパターンは、2泊。昼の便で出発し、その日は帯広駅周辺のシティホテルに投宿。買い物や、十勝ならではの食を楽しんで、翌日11時発のバスで然別湖へ向う。昼過ぎに現地に着いたら、宿泊するホテルに荷物を預けてバスタオルを借り、コタンを見てまわってから、氷上露天風呂に入る。これが、余裕があって絶景をたっぷり楽しめる旅程だ。

帰る日は、午前のバスもあるが、昼のバスまで現地にいて、氷上露天風呂や氷上散歩をすれば、24時間、しかりべつ湖コタンを楽しめる。

最初の晩、帯広で一泊する代わりに、郊外の十勝川温泉に泊まってモール泉を体験するのもいい。泥炭由来の黒い湯は、ほのかなオイルの甘い香りが独特。帯広駅から路線バスで30分ほど。一度泊まった観月苑は、朝食バイキングが充実していて、中でもヨーグルトが絶品だ。

帯広市内にもモール泉が湧き出るので、シティホテルでも温泉をひくところがあるほか、駅周辺には天然温泉の銭湯もある。

駅から歩いて10分ほどの銭湯「たぬきの里」は、貸し切りの家族風呂のかけ流しが猛烈で、黒湯がドバーっとあふれて床が大洪水。湯が減っても、すぐに満水になる驚異の湯量だ。

14DSC09748a1a.jpg


sb515a.jpg



帯広がある十勝平野は、和菓子の名店で使われる十勝産のアズキをはじめ、農業や酪農が盛ん。飛行場から帯広駅に向かうシャトルバスや、然別湖へ向かう路線バスからは、広大な農地が見渡せる。

当然、美味しいものもたくさん。

帯広は豚丼が有名。平和園のジンギスカンをはじめ、カレーショップのインディアンは帯広のソウルフード。マルセイバターサンドで知られる六花亭の本店や、洋菓子店クランベリーのスイートポテトも試す価値あり。

駅の近くには屋台村があって、余裕のある人はそちらがおすすめ。肉や魚、燻製、郷土料理など、様々な屋台が軒を連ね料理も旨い。

12DSC_0969a.jpg


有名な豚丼は、駅の近くに名店が数軒ある。ネットで調べてから訪ねるといいだろう。帯広駅では豚丼のお弁当も売っている。

sb525.jpg


インデアンは帯広一帯でチェーン展開するカレーライスの専門店。値段も手ごろで、学校帰りの高校生も利用するほか、鍋持参のお母さんも。チェーン店の味と言ってしまえばそれまでだが、通えば不思議とクセになる。帯広駅に近い“まちなか店”は、街にまったく溶け込んでいない“インドっぽい”建物が目印。仕事で訪れた時も含め、もう5、6回食べている。

sb53014DSC09745a.jpg


帯広駅からちょっと離れた(1キロほど)、高橋まんじゅう屋は、地元で有名な老舗。十勝小豆の自家製あんが入った大判焼きはもちろん、個人的にはチーズ味がおすすめ。塩味の効いたナチュラルチーズ入りで、チーズそのものの濃厚な味が広がる。このほか、蒸しパンや肉まんも試す価値あり。さすが酪農王国、帯広の味。

DSC_0925ab.jpg


時間があれば、帯広駅から徒歩10分の藤丸デパートのデパ地下や、駅南口の長崎屋の食品売り場を要チェック。地元の食材が豊富で、北海道ならではの食べ物や、見たことのない食材を発見できる。ちょっと高級な藤丸、庶民価格の長崎屋と覚えておこう。

食品売り場でみつけたマフラーっていったい何? これはさつま揚げのこと。形がマフラーに似ていることから北海道ではこの呼び方が定着したのだとか。おでんに入れるとイケるらしい。

sb53516DSCN0647.jpg


衝撃的なのが、コンビニエンスストアで売っているアメリカンドック。ケチャップにマスタードをつけるのが一般的だが、ここではグラニュー糖をまぶす。これが北海道東部の道東スタイル。当然甘い。しかし、ソーセージの塩味と甘い砂糖が合わさって、絶妙な味のハーモニー。注文する際、砂糖をかけてと頼めば、無料でサービスしてくれる。癖になるので、ためしてみよう。

sb54015DSC02663a.jpg


そのほか、のぞいてみたいのが、北海道のコンビニチェーン、セーコーマート。このブログでも16年6月12日に紹介しているが、地元の人は、セーコマ、セコマ、などと呼ぶ。地産地消に力を入れていて、北海道ならではの食べ物が豊富。特に100円の総菜が充実する。大手コンビニチェーンとちがって、低価格化にも力を入れているので意外にお得。帯広駅北口のバス案内所裏手にある。

帯広で、必ず訪ねたておきたいのが、六花亭の本店。マルセイバターサンドが有名だが、ここならではのお目当てがある。

賞味期限3時間のサクサクパイと、2時間の雪こんチーズ。パイ生地やビスケットが、クリームの水分を吸ってサクサク感が失われるからだ。当然、道外では入手不可能のレアスイーツ。

sb54515DSC02632a.jpg


店内の一角に無料のコーヒーサービスがあるので、買ったらスタンディングですぐに食べる。本店二階にはカフェがあり、ゆっくり味わうこともできる。

道内の一部直営店ほか、帯広空港にも店舗があって、上記のスイーツが購入可。北海道の食べ納めとして、帰りの機内でコーヒーを頼んでほお張るのが、帯広帰りの王道だ。

そのほか、ザンギ(北海道風の唐揚げ)や、夏に食べた生のトウモロコシ(カバー写真)など、手ごろでおいしいものを見つけられるのも帯広と、周辺に広がる十勝平野の楽しさ。

仕事を含め何度か訪れた帯広で、個人的におすすめな食べ物を紹介したけれど、繰り返し訪ねて自分で見つけるのが楽しい。見たこのないもの、聞いたものがないものがあったら、買って、食べて、口に合わなければ笑い話し。美味しかったら再訪する。するとまた違うなにかを発見する。

そんな、ガイドブックに頼らない旅が面白い。

蛇足ながら、帯広駅から然別湖へ向かう路線バスのバスも楽しい。北海道らしい景色はもちろん、あまりに手抜きなバス停の名前、「住宅前」には驚いた。

sb555a.jpg



然別湖の行き帰りは、十勝の味覚を楽しもう。




来訪:2012年 夏、2014年 冬、2015年 冬、2016年 冬、



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行