So-net無料ブログ作成
検索選択

酸性温泉

足湯効果 NK細胞を活性化 [足湯]

足湯1.jpg


今や、温泉地で大人気の足湯。
その気軽さから、つい足を入れてしまう人も多いでしょう。
ところが、足湯には驚くべき効果が隠されているんです。

青森県の酸ヶ湯温泉に行ったとき、専門の看護師が常駐している温泉療養相談室近くの壁に目がとまりました。
そこに張ってある紙に、足湯の効果が書かれていたんです。

それによると、ある実験でNK細胞が活発化したとありました。

NK(ナチュラルキラー)細胞とは、ウイルス感染や悪性化した細胞(がん細胞など)を攻撃する免疫細胞のことで、テレビの健康番組でもよく紹介されています。

張り紙の説明によると、40度から41度のお湯で20分足湯をすると、NK細胞が活性化した人が、10人中7人もいたとのこと。
さらに足湯だけでも全身浴と同様の効果が得られるとありました。

これってスゴイですね、驚きました。
足湯で話し込んでしまったときなど、体がポカポカしてくることがあるので、足湯だけでも体温が上がるのを実感できます。

もちろん、温泉の湯につけるのと、ただのお湯につけるのとでは、体の温まり方や持続性にも差が出ます。

今度、温泉地に行ったら、健康のために足湯をしてみましょう。
気軽にできる、プチ健康話でした。


※注意
お風呂に入ると、足湯とちがって短時間で体温が上がります。
よくお風呂に入った人が、湯船に足を浸けたまま休んでいるのを目にしますが、お風呂と足湯を併用すると、体温が上がりっぱなしになり、息苦しくなったり、のぼせてしまうことがあります。
お風呂に入るときは、足だけ浸けないようにしたほうがいいと思います。






酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル

酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル

  • 場所: 青森県青森市荒川南荒川山1-1
  • 特色: 八甲田の最高峰「八甲田大岳」が目前にそびえ立つ日本最大級の洋風完全木造建設で、選べる夕食と温泉を満喫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行